ブログトップ

アートに恋して

http://wakabart.exblog.jp by2005ー Copylight 2005 wakaba_art. All Rights Reserved.


by wakaba_art
プロフィールを見る
画像一覧

ジャンペでどんどこどんどこ

昨日は、夏至ということで、それにちなんだワークショップなるものへ行ってきました。
場所は、大月なんだけど、すぐ上野原という感じ。
場所へ着くと、そこにはマロウ・カモマイル・・・ハーブが咲いていて、カモマイルのりんごのような甘い香りがして、やわらかい気分になって。
昨日、行って思ったこと五感を使うのはすごく必要なこと。
はじめにしたことは、歌を歌ったこと。
幼い頃、ピアノでソルフェージュなるもので、先生にあわせて歌っていた時は、全然おもしろくないし、リラックスして歌えなかった。
(あんな教え方、五感が喜ばない、ごめんなさい先生。先生は、好きだったの)
山根麻以さんの声に誘導される感じで。
自分の胸に光の玉を浮かべ、そのなかに好きなお花を入れる。私は、自分の好きな神秘的な花を光の中にいれた。(私のお花かもしれない。昨日は、確信した)
そのお花に自分の呼吸や歌でお花を揺らすというイメージをした。
とても気持ちよかった。神秘的であった。昨日浮かんだ色は、パステルの黄緑色・ピンク色。
泣けるほど、綺麗な色だった。
e0002451_135227.jpg

(昨日は、特に感情が敏感だった。夏至のせい?!月のせいかも。)
それが終わると、打楽器がたくさん並べられてみんなで奏でるというもの。
ジャンベを叩いた。ボンゴ、コンガ等の楽器は、相性がいいのです。ドンドコドンドコ、打ってるうちに自分の内面もドンドコドンドコ。不活性なチャクラ、第一、第二にも響いていた。
右脳を使うのは大事。なぜか、音楽をしてるとそうおもう。
夜は、ファイヤーセレモニー・インド古典舞踏・山根麻以のライブ。
インド古典舞踏、足を時折ドンドン踏みしめる踊り。手の動き。
いいものだった。
山根麻以のライブで、花の歌があり「散れ、まえ」という歌詞があり、心の中で
散れ、まえと叫んだ。
終わったあと、なんかいつもしないことをしたので、どっと疲れがでたけど、この疲れは、きっと
意味があるような気がしてた。一日たち、言葉で表せない実感がある。
[PR]
by wakaba_art | 2005-06-22 14:00 | アート(つらつら感想)